スペシャルティコーヒーの定義

Real coffee

スペシャルティコーヒーって個人的にはもう当たり前の概念なんだけど(というか家で買うコーヒーはほぼスペシャルティーコーヒー)、未だに知らない人が結構いるなという印象がある。

スペシャルティコーヒーの定義が何となくわかりにくいことにもその一因があるのかなとふと思った。ちなみにスペシャルティコーヒーの定義については、明確に統一されたものはないようである。

SCAJ(日本スペシャルティコーヒー協会)では

消費者(コーヒーを飲む人)の手に持つカップの中のコーヒーの液体の風味が素晴らしい美味しさであり、消費者が美味しいと評価して満足するコーヒーであること。

と定義されている。簡潔に言うと「おいしいコーヒー」ということ。うーん、コレって定義と呼べるのか。

では、「おいしいコーヒー」とはどういうものかということで、続けて次のように記述されている。

風味の素晴らしいコーヒーの美味しさとは、際立つ印象的な風味特性があり、爽やかな明るい酸味特性があり、持続するコーヒー感が甘さの感覚で消えていくこと。

カップの中の風味が素晴らしい美味しさであるためには、コーヒーの豆(種子)からカップまでの総ての段階に於いて一貫した体制・工程で品質管理が徹底している事が必須である。(From Seed to Cup

具体的には、生産国においての栽培管理、収穫、生産処理、選別そして品質管理が適正になされ、欠点豆の混入が極めて少ない生豆であること。
そして、適切な輸送と保管により、劣化のない状態で焙煎されて、欠点豆の混入が見られない焙煎豆であること。
さらに、適切な抽出がなされ、カップに生産地の特徴的な素晴らしい風味特性が表現されることが求められる。

少し難しい表現となっている。これも簡潔に言うと、「種子からカップに至るすべての工程において適切に品質が管理されており、良質な風味や酸味、甘みがカップに表現されている」といったところかな。

自宅でコーヒーを飲む場合、スペシャルティコーヒーと呼ばれるコーヒー豆を買うだけでは駄目で、自分で適切に抽出して初めてスペシャルティコーヒーを味わえるということなのか。