読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイスコーヒーの淹れ方について

netallica.yahoo.co.jp

スペシャルティコーヒーを飲むようになってからは、濃い目に抽出したホットコーヒーを氷に注いでアイスコーヒーを淹れるようになり、家で水出しコーヒーを淹れなくなりました。

水出しコーヒーを淹れなくなったこととスペシャルティコーヒーを飲むようになったことは関係ないように思うのですが、スペシャルティコーヒーを購入しているショップでは、氷の入ったカップに濃い目のコーヒーを注ぐ方法をこぞって薦めているような気がします。

手軽にできるというだけでなく、スペシャルティコーヒーの特性を引き出しやすい方法なのかもしれませんね。そう言えば、コンビニのアイスコーヒーも同じ淹れ方です。氷で満たされてるとはいえ、プラの容器に熱いコーヒーが注がれるのを見ると少しドキドキしてしまいます。

それはさておき、記事中で書かれていた水出しコーヒーの特徴が気になりました。

水出しアイスコーヒーは時間をかけ、コーヒー豆への熱量を少なくして、コーヒーの旨みを抽出します。熱量をかけていない分酸化の進行は遅いのですが、時間を置いて『コーヒーを寝かせる』ことで深みが増してゆきます。時間をかけると、ブランデーのような風味にも近づきます

アルコールはあまり飲まないのですが、ワインのような風味と表現されていたコーヒーが美味しかったので、ブランデーのようなを言われると久々に水出しコーヒーをやってるみたくなりました。