コーヒーとカフェインと頭痛

コーヒーと健康に関するネタです。あまり気にしないようにしているつもりですが、ついつい見てしまいます。

news.selfdoctor.net

コーヒーと言うかカフェインに関することですが、

カフェインの効能としては、眠気覚ましなどの興奮作用や、尿の排出を促す利尿作用などが広く知られています。その他「自律神経の働きを高める」 「集中力を高め作業能力を向上させる」 「運動能力を向上させる」など、様々な効果が明らかになっています。

とのこと。体脂肪の燃焼を促進させる効能もあるというのもうれしいところです。そう言えば、運動前にコーヒーを飲むのがいいと聞いたことがあります。

レギュラーコーヒ100gに対して60mgのカフェインが含まれていて、カフェインの摂り過ぎによるデメリットについては、一日最大 400 mg以内の摂取であれば影響はないとのことです。

一日400g〜500gのコーヒーを飲みますので、いちおう400mg以内におさまっていて安心しました。気になるのはカフェインの摂り過ぎによって起こる症状に頭痛が挙げられていることです。

確かに頭痛外来でもカフェインの摂り過ぎはよくないと言われました。ただ、血管の収縮作用により頭痛を抑える効果もあると思うので、判断が難しいところです。