読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洗濯パンの排水口からの臭い


photo credit: David Blackwell. via photo pin cc

いきなり俗っぽい話で恐縮ですが、引越しをして以来悩まされているのがこの洗濯パンの排水口からの臭い。最初はトラップの封水がなくなってしまっているのかと思いましたが、どうもそうではない。というか構造的に封水はあまり関係なさそうです。

封水には洗濯機からのホースが入るようになっていますので、洗濯機のほうには臭いや虫は上がっていきませんが、部屋内へはトラップのフタの隙間から臭いが上がってきます。特にキッチンの換気扇をつけると室内が負圧になって臭いがきつくなります。

この構造ってどうなのと思いましたが、賃貸なのであまり文句も言えません。トラップごと替えてやろうかとも思いましたが、古いのでトラップが動く気配なしです。仕方がないので物理的に隙間を塞ぐことにしました。

トラップのフタと本体の隙間にフィットするようなパッキンを探しましたが、直径10センチ程度ですのでなかなかありません。結局、ホームセンターで直径10センチで厚さが1ミリと3ミリの円形のゴム板と直径10センチのOリングを購入してきました。

Oリングが使えれば楽だったのですが、厚さが5ミリほどあり設置するとフタが閉まりません。で、円形のゴム板の中をくりぬき設置したところ厚さ1ミリのものはスカスカでしたが、3ミリのものがジャストフィットしました。

しばらく様子を見ないといけませんが、臭いが上がってこなくなったような気がします。あぁ、新しい家に住みたい。