読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OM-DにULYSSESの本革ネックストラップ

すっかり物欲系ブログになってきた感のある今日この頃。

デジタルカメラ用のストラップはこれまでハンドストラップしか使用したことがありませんでした。コンデジを使っているときは当然ハンドストラップになりますし、DiMAGE A1やGXRを使用している時もカメラケースに入れて持ち歩き、撮影の時に取り出すというスタイルでしたのでハンドストラップを付けていました。

で、今回のOM-Dをどうするか検討した結果ネックストラップを買うことに決めました。OM-Dはサイズは小さいのですがレンズをつけた時の重さを考えるとハンドストラップではバランスが悪いのと、ちょっと出歩くときにネックストラップを付けておいたほうが気軽に持ち出せるように思ったので。

ネックストラップ購入にあたってまずは材質をどうするかというところですが、やはりここは革でしょう。防塵防滴ボディを最大限に活かすにはナイロン系のストラップがいいかと思いますが、当面雨のなかでカメラを構えることもなさそうですし、個人的に革ブームが到来しているので革以外の選択肢は考えられません。

ネットで調べていくと本革のネックストラップを扱っているところは結構あったのですが、

  • カメラに巻いてもカメラに傷をつけない
  • 手首にも巻けるしなやかさがある
  • デザイン的に野暮ったくない

という条件を満たしてくれるのはULYSSESのストラップでした。ULYSSESのなかでもいくつか種類がありますが、購入したのは「クラシコ」です。

一眼レフカメラ レザーストラップ 本革 クラシコ「ULYSSES」


どのストラップを購入するかは比較的すぐに決まったのですが、悩んだのが色。今回も高々数千円の商品にハゲるほど悩んでしまいました。せっかく買うので気に入ったものを長く使いたいですから。

ブラックボディのOM-Dに無難に合うのはブラックかチョコなのですが、せっかくヌメもラインナップされているので経年変化を楽しみたいなとか、さすがに購入当初はヌメでは浮いてしまうので間を取ってブラウンにしようかとかいろいろ考えました。

ヌメが飴色になってもどこまでブラックボディに馴染むかわかりませんし(合うとは思うのですが)、間を取るのも嫌だし、せっかく革を買うのにブラックでは面白みがないし、ということでチョコに決定。

書くと数行ですがすっかり悩んでしまいました。なんか暇人みたいでヤですね。

サイズはL(身長は175cm)を購入しましたが、まだ使い込めていないのでサイズ感の評価はまた後日。

OM-Dに装着するとこんな感じです。カメラに巻きつけてみました。まあ無難な選択でしたがイメージ通りでなかなか似合っているのではないでしょうか。ダメージ加工をしてあるのでレトロな雰囲気のシルバーボディのほうが似合ったかもしれません。

裏側にULYSSESの刻印があります。

アジャスターは樹脂製です。カメラを傷つけないためのものですしそれを期待して購入したのですが、やはり見栄え的には金属の物より劣ります。機能を取るか見た目を取るかですね。他のメーカーでは金属製のアジャスターを革でくるんだものもありましたが、それだと少し野暮ったく見えますし手首に巻くのにごわつきそうな気がしてやめました。

新品の革製品にしてはしなやかですが、カメラに巻きつけたり手首に巻き付けたりするにはまだ少し固めです。使い込んでいくうちに馴染んでくると思います。