GXR 売却

OM-D購入を期にGXRを売却してしまいました。決してGXRが嫌になったわけではなく、正直なところOM-Dよりも好きなカメラです。

ただ、現在の私のニーズに合いませんでした。もちろん、私の技術が未熟であるために被写体を捉え切れないということも否めません。けれども、そこを努力で何とかしようと思うには、GXRのユニットの展開が貧弱すぎました。

できれば手元においておきたかったのですが、OM-Dの購入、今後のレンズへの出費、決して十分ではない懐事情を考えると手放すという選択をせざるを得ませんでした。

OM-Dを購入して写真のヒット率は格段に上がりました。これまで捉えきれなかった子どもの表情をとらえられるようになり、OM-Dを購入したことについては非常に満足しています。ただ、過去にGXRで撮影した画像と比較すると、画質面ではGXRのほうが上回っているように感じます。

センサーサイズが大きいので当たり前なのかもしれませんが、3年前に発売された機種でありこのコンパクトさでこの画質はやはり別格(もしくは異端)の存在だと思います。

手放すのは非常に残念でしたが、GXRがこのまま消えずに様々なユニットが発売され、いつの日かもう一度GXRを手にする日が来ることを期待しています。

まあ、いったんは変態を卒業し、まっとうな人生を歩みたいと思います。