読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gmailを整理する

gmail_mailbox
gmail_mailbox / rovlls


Gmailは招待制の頃から利用しています。テキストベースのメールであれば実質無制限で、必要なメールがあればあとから検索すればよいという考え方のもと、大量のメールマガジンを登録していました。そして、長い長い条件式でフィルターを作成し、重要なものはInboxに入るようにし、そうでないものは既読にしてラベルを付け、Inboxをスキップするようにしていました。

長年この設定で特に問題がなく、使用容量も14%で保存容量を逼迫することもなさそうです。ただ、デジタルなのにもかかわらず、どうしても余計なものを溜め込んでいるという感覚が時々起こるんですね。実際、読むメールはInbox内のものだけですし、後で検索して探すのも、結局はInboxにいったん入ったものを読んでアーカイブしたメールなんです。

そんなことを思っているときにふと目にしたのが、この[新Gmail2012対応] 超簡単になったGmailでフィルター機能を使って過去〜未来までのメールを気持ち良いくらいに整理上手になるためのたった4つのステップ。という記事です。

記事の内容としては、大量のメールをフィルター機能を使って効率よく整理しようというこれまでの考え方に基づくものですが、目をひいたのがフィルターの作成が簡単になったという点です。であれば、これを機会にGmailをざっくりと整理してしまおうかとそう思ったわけでございます。なにせ、最近では情報収集はもっぱらGoogleリーダーTwitterになってしまっているので、Gmailにはほんとうに必要なメールだけ届けばいいわけです。

まずは、簡単に作成できるのならと、今あるフィルターは全て削除してしまいました。そして、Inboxにすべてのメールが入ってくる状態にして、ひとつひとつ選別しています。見てない間に停止したメールマガジンもあるのか思ったほどの量が入ってきませんし、紹介記事にある通りフィルターの作成も簡単なのでどんどん仕分けることができています。

読むことがないと思うメールマガジンは思い切って配信停止にしたり、アカウントを削除したりしています。アカウントの整理にもなって一石二鳥です。