読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Objective-C学習log:MVCアーキテクチャ

今回は、MVC(モデル・ビュー・コントローラ)アーキテクチャというCocoaアプリケーションの基本的な構造の学習です。

MVCは、アプリケーションを作成するときにどこからクラスをつくっていけばいいのかという疑問に答えてくれるものです。Cocoa特有のものではなく一般的な概念で、CocoaアプリケーションのMVCアーキテクチャでは、作成するクラスをモデル、ビュー、コントローラの3つに分類します。

モデル

  • アプリケーションのデータを表すためのクラス

ビュー

  • アプリケーションの外観にあたるもので、ウィンドウやボタン、スライダー等
  • 基本的にビューのためのクラスはCocoaが提供してくれる
  • Cocoaが用意していないタイプのビューを使いたいときは自分でビューを作成する

コントローラ

  • モデルとビューをつなぐもの
  • モデルとビューの間でデータをやり取りするもの

ビューはビューだけで動くように、モデルはモデルだけで動くように、ビューとモデルは互いに独立させておく必要があります。それにより再利用性が高くなります。そして、コントローラがアプリケーション特有の機能を受け持ちます。