アプリ開発者名鑑

ブクログよりiPhoneアプリ開発に関する本を本棚に入れているユーザ向けに『iPhoneアプリ開発奮闘記』という電子書籍の紹介メールがありました。

この本は『C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと』の続編であり、前著をまだ読んでいないのでどうしようかと思いつつ試し読みをしていると、『「*begejstring for DANMARK*」で現在連載しているアプリ開発者名鑑』という文章が目に止まりました。

アプリ開発者名鑑」にアクセスすると、現段階でなんと76名ものiPhoneアプリ開発者さんの記事があり、「初めてアプリ開発をしようと決めた際、参考にした書籍やサイトはありますか? ありましたら教えてください。」や「アプリ開発を実際に始めてから役に立った書籍やサイトはありますか? ありましたら教えてください。」などのアンケートの回答を読むことができます。

レベルが高い開発者さんが多そうなので、ついていけない部分もありそうですが、開発者さんの情報がこんなにたくさんまとまってあるなんてすごいです。早速、InstapaperでいつでもiPhoneで読めるようにしました。地下鉄通勤者には心強いアプリです。

本のほうは今は買うのをやめておきました。結局は買ってしまうとは思うのですが、C言語の学習をひと通り終えて、iPhoneアプリの開発が少しでも見えてきてからのほうがいいかなと。今読んでしまうと無駄にテンションが上がってしまう気がしましたので。