読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MacBook Proのメモリを増設

じゃんけんゲームのチュートリアルをやっていて、まず感じたのが「Macが重い」ということ。C言語の学習をしている程度では特に問題はありませんでしたが、ちゃんとしたiPhoneアプリチュートリアルをやるには我慢出来ないくらいの重さです。

Xcodeだけではなく、Firefoxのタブ数が増えても(といっても10程度ですが)動きが悪くなるような状態でしたので、メモリを増設することにしました。

所有しているモデルは「MacBook Pro 13-inch Mid 2009」なので、メモリはPC3-8500(DDR3-1066)です。積んでいるメモリは標準の2GBのままでしたので、4GBにしようと思ったのですが、Amazonで検索するとTranscendの4GBがなんと約2千円でした。約4千円の出費ですむのであればと、4GB×2の8GBにすることにしました。

メモリの増設方法はApple公式の「MacBook Pro:メモリの取り外し方法と取り付け方法」に記載されていますので、これに従って作業をすれば特に難しいところもなく増設完了です。

私が一点ひっかかったのは、上部(手前)のスロットに新しいメモリを指す際に、奥まで差し込もうとメモリを水平に入れようとしたため、逆に奥まで入らずにきちんと取り付けができませんでした。45度くらいの角度を持たせて差し込むとすんなりとはまります。

取り付けた結果ですが、きちんと認識されており今のところ特に不具合は出ていません。増設前はFirefoxiTunesXcode等を立ち上げていると、フリーが20MB程度でスワップが3.5GBとひどい状態でしたが、増設後はフリーが4.6GBでスワップが64MBと非常に快適です。

こんなにメモリが安くなっていたのなら、もっと早く増設しておけばよかったです。

Transcend JetRam ノートPC用増設メモリ PC3-8500(DDR3-1066) 4GB 永久保証 JM1066KSN-4G
B00432QWCQ