Xcode4をインストール

2、3日前はアップデートは見送ろうと思っていたのですが、結局Xcode4をインストールしてしまいました。

というのも、今のところアプリの開発をしているわけではないので、アップデートによりマイナスの影響を受けるものがそもそもありません。

また、持っている解説本がXcode3をベースにしたものというのも二の足を踏んでいた理由ですが、C言語Objective-Cの学習を終えてiPhoneアプリの開発を始めることが出来れば、まず間違いなくその時のXcodeのバージョンで評判のいい本を買うだろうと思います。

まだC言語を学習している段階ですが、少しでも新しい環境に慣れておいたほうがいいと思いますし。

Xcode4のインストールについては、Mac App Storeより無料でダウンロードすると、「Install Xcode」がLaunchpad上に現れますので、それをクリックしてインストール完了です。

インストール時にエラーが出て、インストールが中断されることがありましたので、関係があったかどうかわかりませんが、Mac App Storeを終了させると、無事にインストールが終わりました。

インストールには10GB程度と結構な空き容量が必要ですので、私の環境では普段聞かない音楽や動画ファイルをWindowマシンに移動させるなどが必要でした。

なお、Xcode3.2.6残したままXcode4.1.1をインストールすると、Xcode3.2.6は「Developer-3.2.6」フォルダに移り、Xcode4.1.1は「Developer」フォルダにインストールされますので、Xcode3.2.6とXcode4.1.1を共存させることは可能です。