プログラミング初心者によるiPhoneアプリ開発の反省

なぜ、これまでiOSプログラミングの勉強が捗らなかったかというと、当たり前の結論に行きあたります・・・C言語がわかっていない。

もちろん、iPhoneアプリの開発はObjective-Cで行うことや、それにはC言語の知識が必要であることはわかっていましたが、iPhoneアプリ開発の入門書を読んでいけばなんとかなるのではないかという甘い考えが間違いの元でした。

それで入門書をいくつか買いましたが、あくまでiPhoneアプリ開発の初心者向けであって、プログラミング初心者向けではないわけです。なかにはプログラミング初心者にも配慮した部分から記載している書籍もありますが、あくまでおまけ的なものですので、きちんとC言語を理解するには至りませんでした。

iPhoneアプリ成功の法則』(日経BP社)という本のなかで、プログラム未経験の方が『たのしいCocoaプログラミング[Leopard対応版]』(BNN新社)という本からスタートして、アプリを開発したとのエピソードが載っていましたが、その本を買って読んだもののさっぱりわかりませんでした。残念ながら理解力の違いでしょうか。

そういうわけで、改めてC言語なるものからしっかり学んでいこうかと思います。