開発したいアプリの概要

開発したいアプリはというと、普段最もよく使っているスケジュール管理アプリ、todo管理アプリやRSSリーダーアプリを自分が最も使い勝手のいい形で仕上げられればと思うものの、さすがにこれはハードル高すぎです。

それに当初は使い勝手に不満の多かったアプリも、アップデートを重ねてかなり理想に近いものが増えてきました。

スケジュール管理は以前さいすけを使っていましたが、デザインや予定を入力するタップ数の多さが不満で、常に新しいアプリを探している状態でした(デザインはかなり改善されましたが)。

今はTapCalを利用しており、これまでの不満がほぼ解消されました。デザインのカスタマイズ性が非常に高く、1タップで予定のタイトルを入力する状態になります。

todo管理については、Toodledoと同期ができるものを前提に探していたのですが、バックグラウンドで同期できるのが純正のToodledoしかなく(もしかしたらほかに存在するかもしれませんが)、下部に表示されるノートブックを使わないのでレイアウトに不満があるまま使用していました。

ただ、最近になってAppigoのTodoがバックグラウンドでの同期に対応しましたので、現在はこちらで運用を開始しています。

前置きが長くなりましたが、結局どういうものをつくりたいかというと「読書管理アプリ」です。

といっても、ブクログメディアマーカーの類のものではなく、イメージとしては『レバレッジ・リーディング』(東洋経済新報社)のレバレッジ・メモのようなものです。

電子書籍iPhoneiPadで読む機会も増えてきましたが、アプリ内で蛍光マーカーを引けるものがあったりなかったり、引けたとしても本ごとやアプリごとにしか見れなかったりで、読み返すのが非常に不便です。

そこで、蛍光マーカーを引きたい部分を画面キャプチャし、それを読み込んでマーカーを引き、タグ等をつけて管理するというアプリをつくってみたいと思った次第です。(この方法はどこかのブログで紹介されていたものですが、残念ながらどこで紹介されていたか失念してしまい、検索してもでてきませんでした。)

というわけで、目標はありますがまだまだスタートしたばかり。あせらずにちょっとずつプログラミングの勉強をスタートしていきたいと思います。