『質問力―論理的に「考える」ためのトレーニング 』

『ブログの力ーBlogの可能性に気づいたユーザーたち』という本を読んでいて『質問力―話し上手はここがちがう』という本を知ったのだけど、間違ってこちらの『質問力―論理的に「考える」ためのトレーニング (日経ビジネス人文庫 (い5-2))』を買ってしまった。

間違ったとはいうもののせっかく買ったので読んでみると、これがなかなかおもしろい。探していたほうの『質問力』(齋藤)はコミュニケーションに重点がおかれているのに対して、『質問力』(飯久保)はタイトルにもあるように論理的に「考える」ことを目的とした「質問力」を解説している。

これを読んでまず思ったのは、会議の運営に使えるなということ。もちろん、1対1の場面でも効果的だと思う。これまでファシリ テーションの本なども読んだけど、ファシリテーションでは参加者にもある程度の意識づけが必要なのに対して、質問力は自分ひとりでも会議の流れを価値の あるものにもっていけるように感じた。

また、会議だけではなくプロジェクトを進めるうえでも大切な示唆を与えてくれる。

 

質問力―論理的に「考える」ためのトレーニング (日経ビジネス人文庫 (い5-2))

質問力―論理的に「考える」ためのトレーニング (日経ビジネス人文庫 (い5-2))