読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自動開閉式の折りたたみ傘を使うの上で気をつけるべきたった一つのこと

Umbrellas

自動開閉式の折りたたみ傘を10年以上使用している。俺は昔から使っているんだぜ的なことを言っても仕方がないけど、有名なブロガーさんが最近自動開閉式の折りたたみ傘を使い始めたとブログに書いていたので、以外に知らない人が多いのかなと思い記事を書いてみることにした。

自動開閉式折りたたみ傘の便利さについてはそれほど説明の必要はないように思う。ワンタッチで開くことができるのは当然として、ワンタッチで閉じることもできる。ちなみに柄は手動で縮める必要がある。

ワンタッチで閉じることができるのが便利な上、ヒダヒダもまとまっているので素早く丸めて傘袋に収納できる。手動式だとヒダヒダを整える作業が発生するのでこれがないのが非常に大きい。

撥水加工がしっかりとされていて傘袋にある程度の防水機能がついていれば、さっさと鞄にまで収納できてさらに便利だ。

ところで、タイトルに書いた気をつけるべきことだけど、真面目なことを書くと柄が飛び出してくることに注意する必要がある。

先程書いたように柄は手動で縮める必要があるが、ロックが掛かるまでしっかり縮めないと力を抜いたときに得が自分の方へ向かって勢い良く伸びてくることがある。また、誤操作によって思わぬタイミングで柄が伸びても危ない。体に当たるぐらいならいいが、顔や目などに当たると大きな怪我につながる。

ただ、縮めたつもりが伸びてきたというようなことが起こったのは、だいぶ前に買った傘でのことだったように思う。最近買った傘で危険を感じたことはない。子供がおもちゃにしないようにさえ気をつけていれば大丈夫なのではないかと個人的には思っている。

さて、タイトルに書いた気をつけるべきことの不真面目なほうは、土砂降りの雨の中で傘をさしているときに開閉スイッチを押さないということ。はい、当たり前ですね。

この当たり前ができない自分が過去にいたわけです。

忘れもしない土砂降りの雨の中、ふとグリップを見るとスイッチに上方向にも下方向にも矢印がついている。実は当時自動開閉式の傘を買っておきながらワンタッチで閉まることを知らず、閉じるときはすべて手動でやってたという・・・。(故障の原因なのでやめましょう)

で、下方向の矢印を見て、あれっ?これってもしかして?と土砂降りの雨の中思ってしまったのが運の尽き。この溢れ出る好奇心を抑えることができずスイッチを押した途端「バシャ!」。

もしかしてと思って押したにも関わらず、何が起こったのかわからない自分。びしょ濡れになりながら自分を取り戻し、切ない思いで傘をさしなおしたあの夏の日。頬を伝うのは雨か涙か・・・。

そんなつらい経験を経て現在手にしているのがこの傘。撥水加工がないのが残念だけど、グリップの質感がよく大きさや重さのバランスを考えるとこれが自分にはベストだった。 

AppHtmlブックマークレット・メーカーのカスタマイズ

久々にWordPressで運営しているブログを更新したのだけど、いろいろ忘れていることがあったので備忘録として記事にしておく。

すっかり忘れていたのが、iTunesアフィリエイトのリンクの作成方法。サイドバーのウィジェットのおすすめアプリに表示しているリンクの作成方法がわからない。

OmniFocus2 for iPhoneをオススメで表示しているけど、今ではユニバーサルアプリ化していてOmniFocus2となっている。これはぜひ差し替えたい。

OmniFocus 2

OmniFocus 2

  • The Omni Group
  • 仕事効率化
  • ¥4,800

コードを見たり思い当たるサイトを探したりしてわかったのが、AppHtmlブックマークレット・メーカーを利用していて、テンプレートを少しカスタマイズしていたってこと。サイドバーでの表示なので、だいぶシンプルにして使っていた。

カスタマイズと言ってもたいしたことはしていなくて、iPhoneのアイコン付き(大)の

<br><span class="appCategory">カテゴリ: ${category}</span><br><span class="badgeL" style="display:inline-block; margin:4px">${badgeL}</span>

を削除するだけ。まあ、ブックマークレットをきちんと登録しておけばよかっただけなんだけど。

エアロプレス

Aero-Press Coffee - Upside Down

プレス系の抽出器具としてはフレンチプレス(コーヒープレス)が一般的だけど、空気の圧力を利用して抽出するエアロプレスという器具もある。

元々はアウトドアメーカーがアウトドアでコーヒーを楽しむために開発したものだけれど、もちろんインドアでも大活躍。

空気圧で押し出して抽出するためか、ペーパーフィルターを使用してもコーヒー豆のキャラクターがしっかりと抽出される。金属フィルターを使用すればオイルがさらに抽出され、コーヒー豆の持つ風味がしっかりとカップに表現されます。

フレンチプレスと比べるとスッキリした味わいになり、個人的にはエアロプレスのほうが好みだ。

お湯を注いで約1分でできあがる手軽さからは考えられないくらい「おいしいコーヒー」を淹れることができる。

スペシャルティコーヒーの定義

Real coffee

スペシャルティコーヒーって個人的にはもう当たり前の概念なんだけど(というか家で買うコーヒーはほぼスペシャルティーコーヒー)、未だに知らない人が結構いるなという印象がある。

スペシャルティコーヒーの定義が何となくわかりにくいことにもその一因があるのかなとふと思った。ちなみにスペシャルティコーヒーの定義については、明確に統一されたものはないようである。

SCAJ(日本スペシャルティコーヒー協会)では

消費者(コーヒーを飲む人)の手に持つカップの中のコーヒーの液体の風味が素晴らしい美味しさであり、消費者が美味しいと評価して満足するコーヒーであること。

と定義されている。簡潔に言うと「おいしいコーヒー」ということ。うーん、コレって定義と呼べるのか。

では、「おいしいコーヒー」とはどういうものかということで、続けて次のように記述されている。

風味の素晴らしいコーヒーの美味しさとは、際立つ印象的な風味特性があり、爽やかな明るい酸味特性があり、持続するコーヒー感が甘さの感覚で消えていくこと。

カップの中の風味が素晴らしい美味しさであるためには、コーヒーの豆(種子)からカップまでの総ての段階に於いて一貫した体制・工程で品質管理が徹底している事が必須である。(From Seed to Cup

具体的には、生産国においての栽培管理、収穫、生産処理、選別そして品質管理が適正になされ、欠点豆の混入が極めて少ない生豆であること。
そして、適切な輸送と保管により、劣化のない状態で焙煎されて、欠点豆の混入が見られない焙煎豆であること。
さらに、適切な抽出がなされ、カップに生産地の特徴的な素晴らしい風味特性が表現されることが求められる。

少し難しい表現となっている。これも簡潔に言うと、「種子からカップに至るすべての工程において適切に品質が管理されており、良質な風味や酸味、甘みがカップに表現されている」といったところかな。

自宅でコーヒーを飲む場合、スペシャルティコーヒーと呼ばれるコーヒー豆を買うだけでは駄目で、自分で適切に抽出して初めてスペシャルティコーヒーを味わえるということなのか。

「さがってろシャア!」はいずこへ

Amazonプライムビデオでガンダムシリーズが観られるようになって、どっぷりガンダムに浸っている。

機動戦士Zガンダムは、TV版と劇場版のどちらを観ようかと思ったけど、新しいほうがいいかと思い、劇場版を観ることにした。まあ、どちらも何回か観てるのだけど。

90分に圧縮しているので仕方がないとは言え、ストーリーがかなり端折られているのが気になる。アニメーションはかっこよくなっているけど、物語になかなか入っていけない。

ストーリーが端折られているのとは関係なく一番気になったのは、シャアとアムロの再会シーン。TV版で言うと「アムロ再び」。

「何をする気だアムロ!」というシャアの叫びに、アムロが「さがってろシャア!」と応じる当時とってもしびれたシーン。でも、劇場版ではアムロが敵がアウドムラを無傷で手に入れたいどうのこうのという、えらく説明的な台詞になっている。

せっかくの名シーンが台無しだと思いつつ、ネットの評価を少し検索してみると、どうも劇場版のほうを評価している人が多そう。

うーん、そうなのか〜。TV版のほうがかっこよかったと思うんだけど・・・。

はてなブログで「続きを読む」を表示させる方法

はてなブログで運営している別のブログに「続きを読む」を表示させたいと思い調べてみたところ、なんと標準機能として実装されていた。

staff.hatenablog.com

「続きを読む」を挿入したい箇所でこのツールバーのアイコンをクリックするだけ。

f:id:hikalimo:20160905213943p:plain

 

保育園児の娘に読ませたい絵本

 絵本が大好きな保育園児の娘だけど、最近読んでいるのが童話や日本の昔話を絵本にまとめたものが多いことが気になっている。

花咲かじいさんやしたきりすずめ、白鳥の湖や赤いくつなどスタンダードな話は知っておいたほうがいいと思うものの、今の段階でそれらの話をコンパクトにまとめたものを読むことは、子供の成長にとってあまりプラスにならないような気がする。

絵本としてつくられた絵本らしい絵本を子供に読んでもらおうと、Casa BRUTUSの絵本特集を読みながらいくつかピックアップしてみた。 

Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2013年 12月号 [雑誌]

Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2013年 12月号 [雑誌]

 

 今一番のお気に入りは「バムとケロ」シリーズ。子供が寝たあとも一人で絵本を開いてしまうくらい素敵な絵が特徴。しっかりと描き込まれており色使いがとてもきれいで、コマ割りも工夫されている。この絵本のように読み聞かせていて自分も楽しくなってくる絵本は他にあまりない。

まずは『バムとケロのにちようび』を買ったけど、これはシリーズ全て揃えたい。 

バムとケロのにちようび

バムとケロのにちようび

 

次は少しタイプの変わった絵本で『まるまるまるのほん』 。子供がとても楽しんで読むとのことなので、本屋さんで手にとってみるもののそれほどの感動はなかった。けれども子供に渡すとすごい食いつきで、一緒に読むとやはり楽しい。

正直、購入するかは迷っていたけれど、1回読んで「これ買うの決定」みたいなことを子供が言うのでお買い上げ。

まるまるまるのほん

まるまるまるのほん

 

まだ届いていないけれど、実物を見ずに購入してしまったのが『OLIVIA』。レビューにもよく書かれているが、本の概要を読むと「あ、これうちの娘だ」と・・・。そんな自分によく似たOLIVIAを、娘が絵本で読んでどう感じるのか見てみたくなり購入することに。

オリビア

オリビア

 

他に気になったのは『おおきな木』『あらしのよるに』『100万回生きたねこ』『ウエズレーの国』『ぐるんぱのようちえん』などなど。まだ早いかなと思うので、子供の成長に合わせて買っていけたらと思う。